人と環境に優しい住宅

自然素材をもとにした建材

インテリア

従来の多くの小岩の一戸建て建材には、ホルマリンやトルエンなど揮発性有機化合物が含まれていました。
しかし、シックハウスやダイオキシン問題が盛んに取り上げられ、人にも環境にも優しい一戸建ての建材を求める傾向が強くなりました。
そのため、最近は各メーカーでも、ノンホルマリン商品を増やしており、自然素材をもとにしたエコロジー商品に力を注いています。
但し、従来品よりは割り高になるので、そのバランスの見極めが必要になります。
例えばプロに商品データを検討してもらい、率直なアドバイスを聞いてから選ぶのも1つの方法です。
尚、有害物質は沸点の低い揮発性の有機化合物なので、一戸建てが完成した後、1週間ほど開口部を開けっ放しにしておけば、数値は10分の1程度に軽減されます。
人と環境に優しい住宅建材の中で小岩でも注目されているのが珪藻土です。
微細な水生植物(プランクトン)の遺骸が堆積してできた土で、主成分はガラスと同じ珪酸質です。
粒径が約0.05mmの土に無数の孔があり、その孔の内部にまた細かな孔があるので、呼吸性(調湿性)に優れている特徴があります。
そのため小岩では昔から、火に強い土として七輪の原料にも使われており、現在はビールやお酒のろ過材としても使用されています。
小岩の一戸建て建材としては、身体に優しい天然素材として人気が高く、石灰やセメントなどと合わせて、主に内装材として使用されます。
軽量で耐火性や保湿、断熱性など様々な機能に優れ、結露防止に非常な効力を発揮します。

見直されている和室の良さ

住宅

小岩に一戸建てを建てるなら、やはり寛ぎの場として和室は欲しいものです。
現代の多様化した生活様式に対応し、近代的な材料や技術を取り入れた新しい和のスタイルも注目されています。
京壁や障子、畳など自然素材に囲まれた和室は、小岩の気候に合った設いとして欠かせません。
また和室の大きな特徴として、床に座ると視線が低くなるため、低い視線に合わせた構成になっており、それに合わせて一戸建ての部屋の構成も視覚的に低くなり、結果的に横の広がりを感じさせるのです。
したがって、日本人の感性にぴったり合うだけでなく、客室やお茶、お花などの趣味室や居間や予備室など多目的に使用できて、一戸建ての省スペース化が図られるフレシキブルさも魅力です。
最近小岩で注目されているのが新感覚の和室です。
床の間を自分だけのオリジナルにアレンジしたり、省略してしまったりと、あまり形式にこだわらないようです。
畳も縁なしの琉球畳を色違いで市松模様に敷き詰めるなど和風モダンな使い方がおすすめです。
エアコンのように馴染みにくい機器はできるだけ見えないようにする工夫も必要です。
リビングの一角を和室をつくる小岩の一戸建て住宅をよく見かけます。
床を少し上げたり扉をつけたりするだけで、感覚的にも仕切られた空間になります。
普段開けている時は、リビングからの視線を考え家具はできるだけ控えましょう。
はっきりとした目的がなくても、家事の合間に寛いだり、座卓を置いて子供の勉強コーナーにしたり、接客コーナーになったりと多様に使える他、不意の来客時には物の避難場所にもなります。

様々な自然素材の特徴

一軒家

自然素材の家とは自然界にあるものを原料として建てられた家のことをいいます。
従来の家は住宅建材から出る化学物質が原因でシックハウスや化学物質過敏症になる人が出てくるようになりました。
その結果、2002年7月に建築基準法が改定。
現在では健康的に暮らせる家造りに関心が高まっています。
そんな自然素材の家を選ぶポイントについて知っておきましょう。
まずポイントの一つは有害物質を出さない建材を使っていることです。
一般の住宅建材には合板や壁紙に使われる接着剤の中に有害物質が含まれています。
ですが、自然素材の家は無垢材や塗り壁等天然の素材を使って造られているため有害物質を抑えた家造りができるのです。
一方、自然素材に対してアレルギー反応を起こす場合もありますが、一般の住宅建材に比べシックハウス症候群や化学物質過敏症といった症状を起こしにくくなるといえます。
他にも自然素材の家は断熱性・調湿性に優れています。
これは、自然素材には無垢材、塗り壁、セルロースファイバー、コルクタイル等ありますが、それぞれが断熱性や調湿性に優れた材質でできています。
日本は湿気の多い国のため、家造りをする上で湿気対策を施すことが重要になってきます。
そのため、湿度対策として自然素材はとても優れた効果を発揮するのです。
また、自然素材の家は経年変化を楽しめることも特徴です。
加工素材だと年月を経ると劣化がおこってしまいますが、無垢材の場合色が変化したり生活の中でキズやスレがつくようになります。
こういった独自の変化を楽しめるのも自然素材の家ならではといえます。

コスモ不動産

川西で新築一戸建てをリーズナブルな価格で購入したい方にお勧めです。こちらなら施工実績がとても豊富なので安心できますよ!

ハウスメーカーを選ぶ

一軒家

小岩の一戸建て造りをハウスメーカーに依頼する場合、住宅展示場で沢山の家を見る中で、自分達が住宅を建てる上でこだわる部分がどこかをきちんと考えておきましょう。住宅展示場の情報を基にメーカーの候補を複数に絞り、打ち合わせを進めます。ラフプランと見積もりの内容をそれぞれ比較しながら、検討するようにしましょう。

もっと読む

新築住宅の購入方法

おもちゃの家

小岩で新築一戸建てを買う場合、施工会社や金融機関を選ぶ必要があります。信頼できる業者が見つかるまで時間がかかるので、早めに準備を始めましょう。事前に必要な手続きを把握しておけば、行動がスムーズになります。

もっと読む

失敗しないマイホーム探し

住宅

土地と建物を所有したい人にとって、一戸建ては人気です。一戸建てと一言でいっても、中古物件や新築物件、建売住宅や注文住宅など様々な種類があるので、不動産会社とよく相談しながら小岩で物件探しをしましょう。

もっと読む